BMXをこれからはじめたい方応援サイト

題名
 
 

  特徴  

BMXはアメリカで生まれました。誕生をしたきっかけと言うのは、アメリカの子供達が大人がやっているモトクロスに憧れて、それを自転車で初めたのが始まりです。
つまり、子供達の遊びの物として誕生をしたのです。
今では、世界中で人気があり、子供も大人も楽しんでいます。
競技の種類も沢山あり、それぞれの競技で楽しみ方が違いますので、さらに楽しく遊ぶ事ができるのでしょう。

自転車の特徴としては、基本小さめの設計になっています。
そして、競技によって、自転車の仕様も違うのですが、ハンドルが360°回転をしたりもします。また、サドルもついているのですが、ほとんど座る事がないですので、小さめのものしか付いていません。

 


種類
BMXには実は種類があるのです。種類によって競技の方法はもちろん、扱う自転車も違ってきます。
レース

レースと書かれているので、何となく想像はつくのではないでしょうか?
そうです。自転車のレースです。しかし、ただのレースではなく、津知で出来ているジャンプ台などがある会場で早さを競うのです。
モトクロスの自転車バージョンと言うような感じなのです。
だいたい5〜6人くらいで競技をします。アメリカでは、この競技に家族の人が出場したら、家族みんなで応援しながら楽しむのです。

ジャンプ

ダートジャンプと言うのは、簡単に言ってしまえば、レースの所で使われる山の部分だけをつかって行う競技です。
土で作った山に助走をつけて走っていって、どれだけ高く、またかっこよく飛ぶ事ができるのかを競うのです。
練習をする場所はあまりありませんので、自分たちで土を使って作ったりもしています。
ですので、友達と一緒に場を作る楽しさや、上手く飛べた時の楽しさを味わう事ができます。

リアルストリート

この競技をする舞台と言うのは、町中です。
つまり、その辺でも何かあればすぐに始める事ができるのです。道の途中にある階段をつかったり、段差や、手すりを使う人もいます。
アイディア次第で自分のいる場所、場所がすべて競技の場所となるのです。
しかし、人の迷惑になるような場所では行わないようにしましょう。

パーク


広い場所などで、専用のジャンプ台を使ったり、その他の台を使って競技をします。
よく、専用の場所があったり、公園の一角に自分たちで作った台などを持ってきて練習をしているのを見かけたりもします。
色々なバリエーションの台がありますので、なかなか飽きのこない競技ではないかと思います。

フラットランド

5つの競技の中では一番始めやすい競技ではないかと思います。
専用の自転車があればすぐにでも始める事が出来るからです。
出来る場所と言うのは、広い、平らな場所ならどこでもOKなのです。
ただ、地面がすべるような場所では難しいと思いますので、ある程度グリップ力のあるような場所ならいいでしょう。
自転車を片足だけで乗ったり、タイヤを足で回しながら回転をしたりと、知らない人が見たら、サーカスの曲芸のようみ見られてしまうかも知れません。

Valuable information

代官山の子ども靴専門店「Vivaat」は、イタリア靴ならではの伝統を受け継ぎ、デザイン性も兼ね備えた身体にいい子供靴をご紹介致します。

ファーストシューズの販売サイト

神田 美容室

特殊紙名刺印刷、ショップカード、ポイントカードなどを特殊紙・和紙の提案から印刷までさせて頂きます。

データ入稿の依頼をする

葬儀のことなら(横浜)

商標登録の費用や商標検索や出願調査のことなら特許事務所の猪狩国際特許商標事務所にお任せ下さい。

商標登録出願についての相談

 

BMXの歴史
BMXの種類
ダートジャンプ
リアルストリート
パーク
フラットランド
初心者は必見
初心者講座
BMXの各部分の名称
BMXを買う前に注意したい事・気を付けたい事
お問い合わせはこちら
メール・お問い合わせ
ホームへ戻ります
ホームBMXの歴史ダートジャンプリアルストリートパークフラットランド
BMX格部分の名称BMXを買う前に初心者にお勧めBMX買いたいBMXが決まったら
準備運動はきちんと愛車の点検も忘れずに初心者講座1初心者講座卒業編お問い合わせリンク集